EXHIBITION
展示会・活動紹介

【開催報告】日本ヨーロッパ北米3カ国合同交流展in池袋

作品展示 2020年10月15日〜10月18日
会場 東京芸術劇場5階 ギャラリー1(豊島区 池袋)
時間 10:00-18:00(最終日は17:00まで)
主催 一般社団法人日欧宮殿芸術協会
運営 クリエイト・アイエムエス株式会社


Exhibition Period: 15 – 18 October 2020
Venue: Tokyo Metropolitan Theatre 5F Gallery1(Toshima-ku Ikebukuro)
Opening Hours: 10:00-18:00
Organizer: Japan-Europe Palace Arts Association
Management: CREATE I.M.S CO.,LTD

マルタ共和国とカナダの現代アーティストと、 日本の芸術家・文芸作家の作品が一堂に集結する展覧会『日本ヨーロッパ北米3カ国合同交流展』が、東京芸術劇場 ギャラリー1(池袋)で開催された。本展は、国内外の芸術家・文芸作家の作品を、日本国内に発信する展覧会であり、2014年より始まった本展は海外芸術家と日本の芸術家の交流を通して友好を深めてきた。今回は日本の現代芸術家の作品216点に、マルタとカナダの芸術作品55点が展示された。

マルタ共和国は、 その国土を地中海中央の小さな島々によって形成し、 十字軍の侵攻拠点となったり、 反対にイスラム国家の侵攻を受けるなど波乱の歴史を歩んできたことでも知られる。 そのため、 ヨーロッパとアフリカ双方の影響を受けた文化が栄え、 芸術家たちのスタイルにも反映されている。
一方、 ケベックは、 カナダ国内で唯一、 フランス語を公用語として定めており、 社会や文化にもフランスのカラーが強く息づいている。 近年ではモントリオール映画祭やサーカス集団シルク・ドゥ・ソレイユが本拠地が置かれるなど、 伝統と最先端を兼ね備えた文化性の高い街として知られる。
また日本からは、 絵画や工芸の他、 水墨画や書道、 写真、 短歌、 俳句、 詩文など、 多様なジャンルの作品が出展。 国際色豊かな本展においても、 現代日本の芸術文化を代表するにふさわしい作品が出展された

10月16日には記念式典が開催され、在日本マルタ共和国大使館のアンドレ・スピテリ大使や、日本マルタ友好協会の瀬戸健一郎会長など、国際交流に尽力される各界の面々が出席。スピーチでは、コロナ禍の状況にも負けず芸術・執筆活動に取り組む出展者たちを讃えるとともに、今こそ芸術・文学の力が求められていることを力説し、今後の芸術文化交流のさらなる発展にエールを送った。
また今回はコロナの影響により来日できなかったマルタ芸術家のジョゼフ・バルバラ氏、ケベック芸術家のフランソワ氏から寄せられたビデオレターが披露された。二方は共に来日経験も豊富で、日本の芸術家たちとも深い結びつきを持っている。それだけに今回来日できなかったことは残念である一方、日本とマルタ、ケベックは芸術の絆によってつながっており、共に芸術や執筆活動で人々を元気にし、また近い将来再会しようと呼びかけた。

ジョゼフ・バルバラ「Japanese beauty」
フランソワ・デアルネ「Chien bleu」
左よりスピテリ大使、瀬戸会長、水谷理事長
マルタ芸術家代表ジョゼフ氏によるビデオレター
å