• JEPAA Member
  • Pressed Flower
  • Yuriko Uchida
  • 押し花
  • 内田百合子

SCROLL


Portfolio /作品一覧

view more


Interview /対談記事

「日本と墺太利 自然愛で通じる芸術の心」

ハイケ・イェローミン(以下、ハイケ):この度はお話を伺う機会をいただき、誠にありがとうございます。内田先生は、押し花アートというジャンルを確立されているそうですね。

内田百合子(以下、内田):そうですね、今回の作品も、その技法を用いておりまして、タイトルを「地球温暖化(焼畑農業)」と申します。地球の温暖化というのは人類が招いたものであり、自然破壊―水の汚染や大気汚染などの影響があると思うのですね。そうした問題をテーマにして作品を作りたいという構想が以前からありまして、最近になってようやく形になりました。しかし、個人的にはまだまだ勉強不足、これからも日々勉強していかねばと思っています。

ハイケ:そのように謙虚な心持ちで取り組まれているということに、私自身は驚いています。内田先生はすでに素晴らしいキャリアをお持ちであり、私も実際にこの作品を改めて鑑賞したいと思っていました。やはり実物は良いですね。立体的な見栄え、材料の質感など、とても魅力的な世界観になっています。私は、とくに背景の色合いがとても好きです。

内田:ありがとうございます。制作時には、焼畑の、空に延びる煙の表現が難しくて、かなり苦心しました。

ハイケ:この制作には、どんな材料を使用されているのですか?

内田:基本的には植物や、植物に由来するものを使っておりますが、表現方法などによって様々な材料を使用します。この作品の草原も、当初は乾燥させた草を使いたかったのですが、色合いなどがあまり自分の描きたいイメージと合わなかったので、糸を使いました。

ハイケ:そのような柔軟な判断ができるというのは、とても重要なことです。ところで、こうした芸術を始めようと思われたのは、どんなきっかけがあったのでしょうか?

内田:実は以前、花屋をしておりまして、その時のお客様に押し花をやっている方がいらっしゃったのですね。その方から色々と教わってから自分でも制作するようになり、公募展に出展するようになりました。それから、良い先生方にもご縁ができまして、様々なアドバイスを受けながら、今日までやってきました。糸を使うようになったのも、そうして勉強している最中のことですね。植物素材の変色に泣かされながら、試行錯誤の中でたどり着きました。

ハイケ:先ほども、これからも勉強していくと言われていましたが、ものすごく悩み努力しながら、現在の表現を確立されたのですね。すでに確かな実績がある方が、現在もそのような姿勢でいるということには、本当に頭が下がります。どうでしょう、表現するものや、描きたいものについては、年月の経つ中で何か変化などありましたか?

内田:私は、純粋に思ったこと、感じたことを表現したいと思っています。それが、作品を見て下さる方に、素直な形で伝わるような表現ができることが理想ですね。

ハイケ:そういったスタンスがあればこそ、内田先生の自然な素材を使うという技法がより活き活きするのだと思います。実は私も、伝統的な油絵の技法から発展させて様々な表現に取り組んでいますが、その中で自然な素材を使うことにも挑戦しています。例えば特殊なニスを用いたことがあるのですが、これは人間が口にしても害がないくらい自然由来の成分でできているんですよ。だから、内田先生の表現には私も共感しますし、尊敬します。

内田:そう言っていただけると、私も嬉しく感じます。令和という年号に変わって、新たな節目と言われますが、私自身はこれからも自分の流れのままに押し花アートを続けていきたいですね。

ハイケ:ぜひこれからも自然を大切に、作品制作を頑張ってください。今日はありがとうございました。

“Japan and Austria, the centers of art that are connected by nature”

Heike Jeromin (hereinafter referred to as“ Heike”):Thank you very much for giving me this opportunity to talk to you. So Ms. Uchida, you seem to have established the genre of pressed flower art, haven’t you?

Yuriko Uchida (hereinafter referred to as“Uchida”): Yes, that’s right. The piece I’m exhibiting this time is also one that uses the technique of flower-pressing. This piece is titled “Global Warming (Slash-And-Burn Agriculture).” I think global warming is something that’s brought on by humans. I also think that it has an impact on the destruction of nature, water pollution as well as air pollution. I’ve always had the idea of creating work that focuses on the theme of such issues, and was only able to finally create such a piece recently. However, I personally think I still have a lot to learn. So I need to study every day from now on.

Heike: I’m surprised that you’ve been working with such a humble attitude. You already have a wonderful career, and I’ve actually thought about wanting to see this piece again too. After all, it’s nice to see the real thing, isn’t it? Seeing things like the three-dimensional appearance as well as the texture of the materials also makes a person’s world view very fascinating. I especially like the colors in the background.

Uchida: Thank you. When I was making this piece, I had quite a hard time since I found it difficult to depict the smoke that trials off into the sky when field burning is performed.

Heike: What materials did you use to create this piece?

Uchida: I essentially used plants and materials derived from plants. But I also used a variety of different things depending on the method of expression. At first, I wanted to use dried grass to portray the meadows in this piece. But since it didn’t match the image I wanted to draw in terms of things like colors, I ended up using thread instead.

Heike: Being able to make such flexible decisions is very important. By the way, what made you decide to do this sort of art in the first place?

Uchida: Actually, I used to be a florist in the past. At the time, I also had a customer who did pressed flower art. So after that customer taught me various things about the craft, I began to make my own pieces and started to exhibit my work at public exhibitions. From then on, I also got to meet good teachers and have been receiving all sorts of advice while continuing to make pressed flower art until this day. I also started using yarn right in the middle of my studies in this craft. It was the technique I came across after going through rounds of trial and error in order to find a solution to the dreaded change in color in plant materials.

Heike: You mentioned earlier that you will continue to study from now on. But you’ve actually struggled and worked so hard to establish your current expression of art. So I greatly admire you for still having that sort of attitude, despite already having attained undoubtable achievements. So over the years, what’s changed about your expression of art as well as what you want to draw?

Uchida: I think I want to express my genuine thoughts and feelings. Ideally, I’d like to be able to express myself in a straightforward manner to those viewing my work.

Heike: With such a stance, I think your technique of using natural materials makes your work much livelier. Actually, I’ve also been working with various forms of expression by developing techniques from those used in traditional oil paintings. In the process of doing this, I tried using natural materials too. For example, I’ve used special varnishes before, which are made out of ingredients that are so natural that they cause no harm to humans even when consumed. That’s why I relate to and respect your expression of art, Ms. Uchida.

Uchida: I’m glad to hear you say that. It’s said that the start of the new Reiwa era also marks a turning point. However, I’d personally like to continue making pressed flower art at my own pace from here on out.

Heike: Please continue to cherish nature, while creating art in the future. Thank you for your time today.


Solo Exhibition /個展

内田百合子 特設個展ブースin 日欧宮殿芸術祭2021
会期:202164日~6
会場:シャルロッテンブルク宮殿(ドイツ・ベルリン)
主催:一般社団法人 日欧宮殿芸術協会
運営:クリエイト・アイエムエス株式会社

内田百合子 特設個展ブースin アジアジャパンアートビエンナーレ2021
会期:202164日~6
会場:ザアートハウス(シンガポール)
主催:一般社団法人 日欧宮殿芸術協会
運営:クリエイト・アイエムエス株式会社

 


Profile /経歴

 

内田百合子 Yuriko Uchida

1942年 出身
師:小林アンナ
作品出展国遍歴(JEPAA関連事業):ドイツ、フランス、イタリア、カナダ他

Born: 1942 , Japan
Master: Anna Kobayashi
Exhibition of Works(JEPAA): Germany, France, Italy, Canada…

 

Contact